がん保険には何が必要か

がん保険には何が必要か

がん保険は、お掛けになっていますか?がん保険も、本当にたくさんの種類が出ています。
手軽な掛け金でも手厚い保障が謳われているものが多くありますので、「とりあえず一つぐらいは」と掛けられている方も多いかと思います。
では、がん保険はどの程度まで進化しているのでしょう。

最近は、入院・手術は勿論のこと、通院に対しても保障してくれるがん保険が、特に目立ってきているようです。
これは、以前に比べて手術後の入院日数が減ったことによる通院治療の増加が原因と考えられます。

がん治療にはつきものともいえる放射線治療は、殆どの場合通院での治療になります。それも、数ヶ月間ほぼ毎日のように通院しなければなりません。この間に掛かる治療費や交通費などがどれぐらいの金額になるか想像してみたことはあるでしょうか。

手術後の長期入院の後に退院さえしてしまえば、経過観察に通院する程度だった時代とは、あきらかに必要とされている形態が違ってきているのです。
入院経験のある方が身近にいれば分かるこのような問題も、他人事と捉えている間には、なかなか気づきにくいものです。

医療は、日々進歩しています。それにあわせるように、がん保険も進化し続けています。
十数年前に掛けたがん保険がひとつあるからと安心していると、いざという時に必要な保障が受けられない可能性もあります。

他人事だとは思わず、がん保険を見直してみては如何でしょうか。

INFORMATION

【2015年08月31日】 
ホームページを更新しました。

MENU

Content

Recommends


  [準備中]