がん保険の特徴について

今や、『国民の2人に1人は発症する』といわれているがんという病気。
その病気に備えるために、各保険会社ががんの治療に特化した、『がん保険』という保険商品の取り扱いを行っています。
がん保険の特徴は、がんに特化した保障内容である→他の病気やケガに対する保障が付きません。

治療を重視した保険内容である→がん、もしくはがん以外で死亡した場合の保障が付きません。
診断一時金→がんと診断されたら、一時金としてまとまった金額の保険を受け取ることができ、がん治療の高額の負担に備えることができます。(上皮内新生物、初期がんに関しては保障内容が異なる場合があります)がん入院保険金→がんで入院した場合、一日あたり○○円と入院した期間に応じて保険金を受け取ることができます。手術保険金→がんによる手術を受けた場合、手術1回あたり○○円と手術に応じて保険金を受け取ることができます。

といった保険金の支払いがメインになってきます。
また、先に記した、いわば基本的ともいえる保障に加えて、各社ごとにがん再発に応じた保険金がある。がん治療のための先進医療を受けた場合の保険金。がんによる退院後の通院をした場合の保険金。女性特有のがんの治療を受けた場合の保険金。このように備えている保険商品を提供しています。

これらの中から、ご自身の状況に合わせたがん保険を選ぶことが、がんに対する大きな備えになると思います。