がん保険の紹介

一昔前のがん保険は、がんに罹ってしまったときの一時金補償が薄い代わりに、入院日数に応じた補償(1日いくらという金額)が充実しているという特徴がありました。
ところが、これは必ずしもがんに限ったことではないのですが、近年は、病院に入院する絶対数が短くなってきており、この傾向に応じて、がん保険のカバーする内容についても変化がみられるようになってきています。

つまりは、がんと診断された時点で100万円というように、一時金をそっくりそのまま被保険者に支給したり、また、入院よりも通院の日数が増えてきていることを受けて、病院に通院する際にも保険金が出るようなケースが多くなってきています。
より実態に即した方向に進んでいる傾向で、被保険者や家族にとっては望ましい傾向と言えます。

また、一度がんに罹ると、通常の治療だけでなく、再発の恐怖とも戦わなければなりません。

がんは未然防止や早期発見が重要で、そのためのCTやPETを始めとした様々な検査を定期的に行う必要があります。これらの検査に要する費用は非常に高額であり、この点、保険金をまとめて、一時金という形で支給してもらえるのは、患者の金銭的負担を軽減させる効果が大きく、これについても望ましい傾向と言えるでしょう。